青汁で家族性高コレステロール血症対策

コレステロールについてはよく知っていても、家族性高コレステロール血症という言葉は聞いたことがない方も多いでしょう。年齢が若くてもかかることがある家族性高コレステロール血症は、悪玉コレステロールが遺伝的に高い状態です。悪玉コレステロールが高い数値のまま放っておくと、動脈硬化の発症につながりますから、見逃すわけにはいきません。
家族性高コレステロール血症に青汁が効くかというと、治療薬ではありませんので、飲んだ直後に数値が減少するということはありません。しかし、悪玉コレステロールの活動を抑える善玉コレステロールを青汁が増やしますので、飲み続ければ動脈硬化を防ぐことが期待できます。血管内に蓄積された不要なコレステロールを、善玉コレステロールが運搬して清掃してくれます。

 

家族性高コレステロール血症対策には、青汁を飲む以外に、どんな対処法が必要かというと、食物繊維が豊富なごぼうやコンニャクなどを、積極的に食べるようにしてください。また、日常生活の中で適度な運動を心がけて、1日の摂取カロリーが高くならないようにコントロールしながら、肥満にならないように気をつけてください。そして、コレステロールが多いと言われる食材の、魚の内臓、肉、鶏、魚卵、卵の黄身などは、あまり口にしないようにし、植物性脂肪のサラダオイルやマーガリンなどを選ぶようにして、動物性脂肪のバターなどは減らすよう心がけることが大切です。
適度な運動と食事療法を行いながら、青汁もとり入れるなどして、家族性高コレステロール血症対策は続けることが大切です。

青汁比較ランキング

青汁と聞くとマズイ・苦い・美味しくないといったイメージがありますが、それも一昔前の事です。近年の健康ブームにより、様々な青汁製品が販売されており、味や風味も改良されマズイどころか美味しい青汁がたくさんあります。
マズくなく苦くもない、むしろ美味しくさわやかな風味でのどごしも良い、小さなお子さんからお年寄りまで飲みやすい青汁がたくさん出ています。
そこでこのサイトでは、数十種類ある様々な青汁を紹介しています。それぞれの原料や成分・特徴・口コミ・体験談・飲みやすさなどを比較し、また私が実際に注文し飲み比べした体験談も紹介しています。

 

青汁はたくさんありまるので、選ぶ際に何を基準に選べばいいかよく分かりません。
選ぶ基準は様々ですが、一番重要視しておくべき点は成分内容と品質です。
やはり健康のために飲むものですから、青汁の成分と品質は一番大切になってきます。しかしいくら成分と品質が良くても、美味しくないと続けることができません。「継続は力なり」です。いくら良質な青汁だからといって、自分の口に合わない青汁は辞めておきましょう。たくさんの種類がある青汁の中でも、多くの方に支持されている人気商品をランキング形式でご紹介いたします。青汁を選ぶ参考にしていただければうれしいです。

 

ふるさと青汁

通常青汁といえばケールというイメージがありますが、ふるさと青汁は明日菜を使用しています。明日菜はケールよりも栄養価が高く、緑茶のような飲みやすさが特徴です。そんな明日菜を根っこから使用しているので、高品質な青汁となっています。1本当たり11キロカロリーと低カロリーなのも、女性にとって嬉しいですよね。コストパフォーマンス面・風味・栄養価のバランスがとれた最高クラスの商品でしょう。

 

価格 3,990円
内容量 30包(1か月分)
備考 主成分:明日葉

 

 ふるさと青汁の公式サイトへ

やわたのおいしい青汁

やわたのおいしい青汁は、船越英一郎さんが愛飲していることで有名な青汁です。
8種類の有機栽培原料にこだわり、主原料は、ビタミン、ミネラル、たんぱく質、酵素が多く含まれる大麦若葉。
それ以外には、モロヘイヤ 、ケール、桑の葉 、緑茶、抹茶、キダチアロエ、ゴーヤを原料としていて、不足しがちな栄養素をたっぷりとることができます。

 

価格 3,990円
内容量 30包
備考 主成分:大麦若葉、産地にこだわった原料を使用

 

 やわた おいしい青汁の公式サイトへ

やずやの養生青汁

やずやの養生青汁には、さまざまな栄養素がたっぷり含まれているのが特徴です。養生青汁2本(合計でたった6グラム)の中には、アスパラガス約5.2本分の鉄分や、さやいんげん10本分のビタミンE、オクラ3本分のビタミンB1、セロリ6.3本分のβカロテン、ピーマン3.1個分のカルシウムなど、豊富な栄養素が含まれています。
今なら初回限定で、養生青汁10本(1,000円相当)と、青汁をさらに美味しく飲める専用シェーカーがプレゼント

 

価格 3,570円
内容量 3g×31本
備考 主成分:六条大麦若葉、農薬・化学肥料不使用

 

 やずやの養生青汁の公式サイトへ

サントリーの極の青汁

サントリーの極の青汁は、手軽な粉末タイプの青汁なので、飲み続けるのに最適。原料には大麦若葉と明日葉を使用し厳選した素材のみを使用した青汁でお勧めの1品です。
飲みにくいイメージのある青汁ですが、牛乳やヨーグルトで作ることもできますので、青汁が飲めなかったという人でもこれなら飲めるという方も!もちろん、青汁を飲んだことのない人にもまずお勧めするとしたら極めの青汁です。

 

価格 3,708円
内容量 30包
備考 主成分:大麦若葉、明日葉

 

 

 

 

 

 

青汁の種類

青汁は、健康食品として多くの人に知られています。
テレビなどで目にすることも多いと思います。

 

青汁はマズイというイメージで有名ですが、実際飲んでみた人はそこまでマズイと感じなかったのではないでしょうか。

 

栄養素は高いままで保たれ、それに加えて飲みやすさや味という面にも研究を重ねられていますので、青汁といっても飲みやすく、おいしいと思えるものもずいぶん増えてきました。また種類も豊富になってきていますので、その中からさまざまなおいしいものや他の成分が入ったものを選べるようになっていますね。

 

青汁の原料は一番有名であるのがケールを素材にした青汁です。栄養素は非常に高く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。緑茶青汁というものも、は緑茶のような感じで飲める為に非常に飲みやすいです。

 

また栄養も豊富で、飲みやすいので青汁という感覚はあまりありません。
人気度が高いものを誇っているのが、大麦若葉の青汁です。ケール青汁と並んで青汁で有名な存在です。

 

飲みやすさは大麦若葉の青汁のほうが甘さもあり飲みやすいという人が多いので、青汁が苦手な人でも大丈夫です。
栄養素のバランスも高水準ですので、栄養補給にも優れた飲み物となっています。

 

明日葉は、日本原産の生命力を持つ明日葉を原材料とした青汁です。ケールや大麦若葉の青汁に続いてポピュラーなものです。

 

他にはよもぎの青汁、ゴーヤーの青汁、桑の葉の青汁、青じその青汁、豆乳の青汁などもあります。

青汁の安全性

青汁は健康を第一に考えた栄養食品として広く親しまれているのですが、安全性についてはどうなのでしょう。

 

毎日継続して飲むものだからこそ、栄養面だけでなく、安全性にも配慮したものを選びたいと思います。
青汁の安全性を確かめるためには、原材料の栽培方法まで調べないとわかりません。

 

ただ国内で販売されている多くのの青汁は無農薬、有機栽培で栽培されています。農薬や化学肥料を使用せずに有機栽培で育てられた野菜の青汁でしたら、安心して飲めますね。有機栽培の場合は、化学肥料を使用しないので虫がつきやすくなったり、病気にかかりやすくなったりしますが、手作業で虫を採ったり病気のチェックもおこたわらないため、農家の方が丹精込めて作り上げられています。ですので、商品として使用できるよう育てるまでに、非常に手間がかかります。その分、信頼性の高い商品でもあるのです。

 

青汁は体にいいとばかりに宣伝されていますが、むしろ変な薬品や添加物、安全性が確保されていない食物等が入っているのでは?と疑う人も多くいるはずです。例えば、ケールや大麦若葉の青汁を販売しているところの会社ですが、ほとんどは、自社のケールや大麦若葉がどこの場所で、どのように栽培され、どういった過程を経て製造されているのかを表示しています。加工する工場も衛生面で徹底的にチェックされ、管理さています。

 

安全性で言えば加工食品の中で全くといって問題がない食品なのではないでしょうか。もちろん安心して毎日飲み続けたいですからね。

 

青汁の危険性

青汁は健康維持のために継続して飲む飲み物ですので、身体への影響や危険性などについては慎重に考慮しなければいけません。

 

青汁は継続して飲んでいくものとされていますが、摂取し過ぎると逆効果になります。1日に何杯も飲むことで摂取過多になると、アレルギーや下痢、悪心などの症状が現れることがあるのです。アレルギー体質の方は、材料にご自分のアレルギーを引き起こすものがないかを確認してください。

 

青汁には自然なものを使用しているのですが、さまざまな種類の食材が混合されていますので、知らないで飲んで青汁が原因でアレルギーが起こる場合もあります。

 

青汁は健康になる為の健康食品ですが、例外としましては、まれに腎臓が悪い方の場合、青汁に含まれているカリウムによって高カリウム血症を引き起こす可能性があるのです。
腎臓が弱った状態でカリウムを摂取すると、排出が追いつくことが出来ず、腎臓にカリウムが溜まって高カリウム血症という症状を引き起こす可能性があります。

 

疾患の原因で他には心臓や脳、血管などの疾患治療として一部の薬品投与を受けている方にも青汁に含まれるビタミンKが悪影響を及ぼす可能性が指摘されています。

 

以上の危険性をきちんと把握し、病気によりご自分が飲んでいる薬との併用や、アレルギーを引き起こすものが入っていないかどうかをチェックした上で何もなければ、それ以外は安心して飲んでいただける飲み物です。

青汁が効かない人

健康維持に効果的な青汁ですが、せっかく購入しても効かないと訴える人がいます。
青汁の商品紹介に目を通すと、さまざまな効果や効能が書かれているので、毎日飲み続けていればどんなに健康的になれるのだろうと、期待が高まりますよね。

 

青汁にまつわるありがちな誤解として、飲み始めたときの体調不良が治ると考えてしまう場合があります。
青汁は薬剤ではないことから、病気や症状を治療するものではありません。
確かに、青汁を飲むようになってから胃の調子がよくなったなどの感想を耳にすることはありますが、治療薬ではないことを再認識すべきケースもあるようです。

 

すでに体調が悪いという方は、青汁を飲むよりも、病院で医師の診察を受けることが先決です。
青汁は、健康的な体作りのための、基礎作りに役立つでしょう。
健康は一日で作り上げられるものではありませんから、毎日栄養バランスの取れた食生活を送り、日常的に適度な運動を心がけ、早寝早起きをするなどして、コツコツと積み上げていくものです。
現時点で病気を抱えている方は、まずはしっかり治療に専念してください。
再発を招かないように生活環境を整えるために、青汁を役立てるといいのではないでしょうか。

 

予備軍の方は、体調を崩す前に青汁を始めるなどして、今から食生活などの見直しをすることで、予防に努められそうです。
青汁は、薬事法の認可を受けた薬剤ではありませんので、現在のご自身の状態に応じた対策から始めることからスタートしましょう。

 

青汁の吸収率を高めるには?

たくさんの栄養素がぎっしり詰まった青汁は栄養価の高いさまざまな緑黄色野菜を中心に凝縮され、体内へ運ばれて健康を維持します。

 

毎日欠かさず飲むことで、体調もよくなり、病気の予防をしてくれたりするのですが、欲張りをいうと、もっと効果が高くなるように摂取したいですね。青汁の吸収率を高める方法を考えてみましょう。

 

栄養の吸収率は朝起きてすぐが適しています。夜寝ている間に失われたエネルギーや水分を、身体が強くもとめているので、この時に飲めば吸収効果は高いです。朝食の前に朝起き抜けに青汁を一杯飲むと、寝ている間に体が求めていた栄養や水分がぐんぐん吸収されていってしまいます。

 

青汁は、主原料のケールや大麦若葉に加え各会社によってさまざまですが、他の原料を加えることで、青汁自体の栄養の吸収をもっと効率的にできるよう工夫されています。

 

例えば、ケルセチンという成分がはいっている玉ねぎやブロッコリーといった野菜を加えることで、ポリフェノールの吸収力は数倍もアップさせたり、ツイントースという、チコリの根を原料にしたオリゴ糖の一種を加えることで、カルシウムの吸収率をアップさせたり、ミネラルを含んだはちみつは、加えるとビタミンなどの吸収率が、とてもアップします。ですので、原料によっても、独自の青汁の栄養素の吸収をよくする効果が高いということは、やはり商品によっても吸収しやすい青汁、吸収しにくい青汁があるのです。

 

自分にあった青汁を選び、朝起き掛けに一杯!これで青汁を体内へ効率よく吸収させましょう。

青汁の効果

青汁は、栄養素には、βカロチンやビタミンA、食物繊維、ビタミンC、カルシウム、葉緑素とかが豊富に含まれています。
そこに各会社やメーカーによって手法や配合されるものによって成分や特徴も違っていきます。

 

青汁は原料でも違うので原料については調べる必要がありますね。
共通的には、食物繊維の働きによって、お通じがよくなりますので、便秘解消の効果があります。
胃腸を綺麗にしてくれますのでダイエット効果も高いです。

 

ビタミンが多く含まれているので美肌効果。
風邪の予防にも効果があります。

 

がん抑制、花粉症対策、アトピーの改善、高血圧予防、貧血改善にも効果を発揮します。
ケールを使用した青汁ではケールは野菜の王様と言われ、ビタミンやミネラルなどどれも豊富です。

 

 

ですので主に効果があるものとしては、便通対策や美肌対策、メタボ対策にいいですね。
大麦若葉は葉酸やカルシウムを含んでいることから、酵素不要ということが多いので飲みやすい青汁ですが、こちらの方は骨粗しょう症や血管系の疾患、持病にはいい効果があります。

 

明日葉を原料とする青汁には、カルコンという成分が含まれています。
フラボノイドの一種です。カルコンには、足首、太もものむくみを解消する効果があります。

 

脂肪のかたまりのセルライトを解消してくれます。
明日葉は利尿作用もあり、血液の浄化、動脈硬化の予防にも効果があるとされています。

 

青汁を飲むことで免疫力が向上するというのも、複数の野菜と栄養素が入っているため、効果が高いということですね。

 

青汁でダイエット

青汁で真っ先に浮かぶのは、健康重視で飲むことのイメージは大きいと思いますが、実はダイエットにも有効とされる健康食品なのです。
青汁の原料は、野菜ですので、食物繊維の働きで便秘を解消し、代謝機能を促進させるミネラルやビタミンが多く含まれています。

 

ダイエットには最適です。

 

青汁で体の健康も維持しながら美しく痩せることが出来るので、まさに理想的なダイエットなのではないでしょうか。青汁でダイエットする場合は何も難しいことはなく、ただ青汁を飲めばいいということです。

 

一日一回青汁を飲むことで、体にきちんと栄養素を送り込みながら、お通じがよくなりデトックスされますので、これを意識するわけではなく自然に行えるのが利点ですね。

 

青汁自体はとてもカロリーが低いので摂取カロリーを抑えることが出来ますし、食事代わりに飲む必要もありません。

 

食事はきちんとバランスよく普段どおりに食べて、青汁を一杯加えるだけでいいのです。もちろん持続できないと、効果はありませんから頑張って長期間続けてください。続ける為にも独特な匂いや味をおいしく飲みやすくしている青汁を選びましょう。

 

各会社からさまざまなおいしい飲みやすいものが販売されていますので、昔のようにマズイ青汁のイメージもずいぶん減ってきました。

 

ダイエットと意識せずに気軽に始めることが出来るのも魅力ですし、続けていることによって健康的になりますし、美容にもとてもよくお肌も綺麗になりますので青汁でのダイエット・・・かなりおすすめです。

 

青汁で便秘解消

便秘の原因と言われるのは、大抵食生活が原因と言われています。現代人の食生活は栄養バランスが乱れがちなので、栄養摂取量が全体的に不足しがちなのです。欧米化して、ついつい肉類や乳脂肪の多いものを摂取しすぎているからだといわれます。

 

食物繊維の摂取量が極端に減ってきているのが原因なのです。食物繊維は体内で消化されない成分のひとつで、食物繊維を多く摂って便の量を増やすことが大事なのです。

 

腸内に便がとどまっている状態になると、便の水分が吸収されて便が硬くなり栓をしたような状態になってしまうのです。食物繊維はお通じが、スムーズになりますので便秘解消には欠かせない物質となっています。食物繊維は緑黄色野菜に多く含まれています。

 

しかし現代の食生活では野菜の摂取量が少なく、食物繊維を十分に摂れないのが現状なのです。

 

そこで緑黄色野菜の食物繊維を手軽に摂れる青汁がおすすめです。青汁にはケールや大麦若葉や明日葉など、緑黄色野菜の栄養素をぎっしり凝縮していますので食物繊維の成分がとても多く入っています。口コミなどでも青汁を飲み始めると便秘が解消され、お通じがよくなったという体験は非常に多く、便秘解消によって、腸内が綺麗になりますし、美肌効果にも非常に高く、便秘解消でお腹のよけいな老廃物が出て行くことでダイエットにも大変効果的なのです。

 

飲み続けることに毎日お腹がスッキリするのではないでしょうか。

青汁に含まれる食物繊維

青汁といえば野菜が原料なので、食物繊維を摂取できるドリンクというイメージですよね。
食物繊維とひと言でいっても、実際には2種類に分類され、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維とがあります。

 

青汁には冷凍や粉末などいくつかの種類がありますが、粉末タイプの青汁は材料をしぼってから加工を行いますので、不溶性食物繊維の量は野菜をそのまま食べる場合よりも減少してしまうそうです。
水溶性の方は、加工の工程で除去されませんので、青汁からちゃんと補うことができます。

 

不溶性もしっかり摂りたいと考えると、青汁を飲むだけで満足せずに、まずはきちんとした食生活から野菜を食べる努力が大切なようです。
食事から食物繊維を摂りたい場合は、根菜や葉物野菜から豊富に摂取でき、玄米、ごぼう、さつまいも、キャベツなどが代表的ですね。
青汁は、野菜不足や栄養不足を補いたいとき、最適な補助の役割を果たしてくれるでしょう。

 

青汁に使用される材料によっても、加工後の商品に残されている食物繊維の量は違いがあります。
青汁の材料として有名な明日葉、大麦若葉、ケールなどは、そのまま食べれば食物繊維がたっぷり含まれている食材です。
長命草や桑の葉などの原料も、特に食物繊維が多いことで知られています。

 

青汁を飲む目的が食物繊維をたくさん摂りたいからという方は、実際のその商品から摂取できる食物繊維量がパッケージに表示されていますので、購入前にぜひチェックしてみてください。
比較した上で、食物繊維の含有量が多いものを選んでみてはいかがでしょう。

野菜ジュースと青汁の比較

野菜を毎日たくさん食べた方がいいと頭では分かっていても、なかなか実践できないという人は大勢います。
特に一人暮らしをしていたり、仕事などで多忙な生活を送っていると、せっかく買ってきた野菜を調理しきれず、捨てることになるという悩みを抱えやすいのではないでしょうか。
いろいろな種類の野菜から栄養バランスのいい食事を摂ろうとしても、毎日のこととなると品数が少なくなってしまいがちです。

 

このようなときに選ばれているのが、野菜ジュースや青汁などでしょう。
どちらも多くの野菜が原料に使用されていますし、調理の手間がいりませんから、忙しい朝でも手軽でもすぐ飲めます。

 

野菜ジュースと青汁の栄養価を考えたとき、どちらの方が優れているのでしょう。
比較してみると、含有する栄養素の種類の数において、青汁の方が大幅に豊富でした。
β-カロテンに関しては、青汁よりも野菜ジュースの方がかなり多く摂れるようです。
青汁には入っていない糖質が野菜ジュースには含まれていたり、野菜ジュースの方がカロリーが高かいところなどが気になります。
ダイエット中の方や、メタボが気になりだした方は、このポイントも選ぶ基準にした方がよさそうです。
太る成分が少なく、ミネラルやビタミンの種類が豊富な青汁の方が、健康維持には向いているでしょう。

 

継続していくには、コストも重要な決め手です。
1杯あたりの値段は、野菜ジュースも青汁も平均的に100円くらいのようです。
通販サイトなどでまとめ買いをすると、単価を定価よりお得に抑えられそうです。

1日の野菜摂取目安量と青汁

野菜が足りていないと思っている方は、毎日どのくらい不足しているのでしょう。
厚生労働省によれば、1日あたりの野菜の摂取目安量は350グラム以上なのだそうです。

 

グラムでいわれてもあまりピンときませんが、具体的にはキャベツ(50グラム)1枚、ニンジン(100グラム)1/2本、ホウレン草(75グラム)3株、トマト(100グラム)1/2個、レタス(30グラム)1枚全部で、350グラムの野菜量になります。
最低でもこれだけ食べなければいけないというのは、大変な気がしますよね。
しかし青汁でしたら、毎日1杯を水に溶かして飲むだけなので、不足しがちな野菜を十分に補えるのではないでしょうか。

 

ミネラルやビタミンなどを補うだけなら、青汁でなくてもサプリメントでいいと思われるかもしれません。
サプリメントでしたら、必要な栄養素別に分類されて売られていますし、持ち運びにも便利です。
しかし、青汁でしたらさまざまな種類の栄養素を補給することができますし、食物繊維などの体に大切な成分も、同時に摂取することが可能です。

 

栄養素は、自然な食材から摂取する方法が最も体に吸収されやすいのですが、青汁はそれに近いと言えます。
いくら栄養を体内に入れても、しっかり体が吸収してくれなければ、効果が発揮されることはありません。
栄養は、摂り方も大切なのですね。

 

厚生労働省によれば、1日あたりの日本人の野菜の摂取量は平均で約293グラム、特に若者は約250グラム、20代女性は約243グラムと大幅に足りていない状況です。
無理なく続けられる青汁を利用することも、健康的な毎日を送るためにぜひ検討してみていただきたいものです。

 

青汁を飲む時間は?

青汁は薬ではありませんので、基本的には自分のペースで飲みやすい時に飲むといいと思います。何度か飲んでやめてしまうのではなく、長期的に常飲してはじめて効果がでてくるものですから、負担にならない時間帯を持続することが、重要なのですね。

 

逆に避けたほうがいいの時間帯というものがありますので、参考にしてください。

 

コラーゲン配合の女性にほしい成分などが入っている場合は、夜の10時〜2時の美容のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に飲むのが効果的とされていますが、青汁の中には、食物繊維が豊富に含まれるものがありますので、食物繊維は消化に時間がかかるので、就寝の直前に飲むと、腸がいつまでも休まらず、寝つきが悪くなったり、気分が悪くなる人もいます。

 

やはり、青汁は栄養素が高いので、朝起きてすぐ飲むのが良いとされています。朝起き抜けは、睡眠中に失われた水分やエネルギーを身体が補充したがっているので、青汁の栄養素がすんなり身体に摂り込まれるためです。

 

仕事が夜間の方や朝に起きない方は、朝にこだわらずとも、起きてすぐ、で考えていただければ問題ありません。

 

1日1回でなくとも、毎食後のお茶代わりに、何度か分けて飲んだり、お茶を飲むときに日本茶に混ぜてしまってもいいですし、お料理を作る時に混ぜて摂取してもいいのです。
継続しやすいように、自分の生活パターンの中で、一番負担のない時間帯を見つけることの方が大切なのです。

メーカー別の特徴

青汁はいろいろな商品が販売されていますね。
原料や手法、製造過程も各メーカーが栄養を摂りやすく、美味しく飲めるように研究を重ねながら独自に作られているので、青汁といってもたくさんあって購入するのに迷ってしまいます。
ですので、いろいろな青汁を比較してみて、購入の参考にしていただきたいと思います。

 

●ふるさと青汁 
ふるさと青汁は、明日葉と大麦若葉、桑の葉がブレンドされてて、注目したいのが明日葉の効能です。
根や茎にあるカルコンという成分はむくみの原因となる老廃物を排出してくれるデトックス効果があります。
他には、便秘解消の効能、骨を強くする、桑の葉のデオキシノジリマイシンという成分で糖尿病防止、高血圧を抑える作用があります。

 

●やずやの養生青汁 
やずやの青汁は、効能としては、カリウムやカルシウムが骨を強化し、ビタミンで新陳代謝を活性化し脂肪燃焼を促進してくれます。
葉緑素で胃もたれや腸の働きを調整してくれます。

 

●キューサイのはちみつ青汁 
キューサイのはちみつ青汁は、緑黄野菜の王様ケールが主に使われています。
便秘を予防してくれます。
またイソチオシアネートという成分で心筋梗塞なども予防してくれます。
はちみつが入っていることから、ビタミンやミネラルで、整腸作用や高血圧予防、美肌になれる効能があります。

 

●ファンケルの青汁  
ファンケルの青汁は、ケールで作られています。
豊富な食物繊維で便秘を緩和してくれます。
イソチオシアネートという成分は血液をサラサラにし、心筋梗塞や脳梗塞を予防してくれる効能もあり、抗酸化作用で、アンチエイジング効果もあります。

 

●美容青汁 ラヴィグリーン 
青汁として飲みやすい人気の高い素材、大麦若葉、緑茶、よもぎを配合しています。
吸収の良いフィッシュコラーゲン、アナツバメの巣、海岸松の樹皮から抽出したポルフェノールが多いフラバンジェノールの3つの成分は女性に必要な綺麗の元です。

 

●えがおの青汁 
えがおの青汁は、甘く飲みやすい味ですので大人気!
生活習慣が気になる方、美容、カルシウム摂ることで骨も丈夫になります。
ビタミンやミネラルをたっぷり含む大麦若葉に長命草と発酵黒生姜を加えています。

 

●神仙桑抹茶ゴールド 
神仙桑抹茶ゴールドは、2008年モンドセレクションを受賞している話題の青汁です。
原料には桑の葉、シモン、緑茶を配合。
食物繊維でぽっこりしたお腹の改善、便秘解消に効果があります。

 

●美容青汁 Green&Collagen 
美容青汁 Green&Collagenは、大麦若葉や緑葉やケールをバランスよく配合しています。
お肌がカサついたり、水分不足によるテカり、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、皮脂の分泌の異常でのブツブツと様々な肌トラブルも解消。
コラーゲンの網の目の中にヒアルロン酸が水分を閉じ込め、肌の潤いを保ちます。

青汁に関するQ&A

青汁は健康にいいと誰もが知っている健康食品です。昔と違って、苦くてマズイイメージとは異なり、今ではいろいろな自然食材が配合されながら、とても美味しく飲みやすくなり、お子様からお年寄りまで続けていただくことが出来ます。
青汁のことで、疑問などに関してご紹介したいと思います。

 

青汁の効果が出る期間はどのくらい? 

薬ではありませんので即効性は期待できません。
1カ月、出来れば3カ月は試してみましょう。青汁は体内から改善するので、
飲んでいる期間は自分の体調の変化を意識してみてみましょう。

 

一日に飲む量は?
 

粉末などの個別包装であれば、1包か2包です。たくさん飲めばいいものではありませんので、その量で毎日継続していきましょう。

 

青汁はどれもマズイのでしょうか? 

いいえ。
青汁は主原料や製法によって味は違ってきます。
飲んでみた青汁が自分に合わないからといっても全ての青汁がダメなわけではないと思います。
好みにもよりますし、ご自分で、はちみつなどを加えて飲んでも飲みやすくなりますよ。

 

妊娠中に飲んでも大丈夫なの? 

何も問題ありません。
むしろ青汁にはさまざまな、栄養素や葉酸も多く含んでいる為、栄養補給、貧血防止にもなるので、
妊婦の方には特におすすめします。

 

ジュースで溶かしてもいい? 

特に問題ありません。野菜ジュースや、アップルジュース、牛乳などに溶かすと美味しいです。

 

お湯で溶かしてもいい? 

原料となっている野菜の栄養は、熱に弱い特徴があるので、ぬるま湯程度の温度にして下さい。